« 九州のお米・仕入れ中です。 | トップページ | 兵庫県より即日(当日)発送しています! »

オーガニックコットンのお話し2

オーガニックコットンのお話のつづきです。

http://gochisou-club.cocolog-nifty.com/uonuma/2011/09/post-7f7a.html

「身体に害のない、安全な布団を作りたい」

そんな思いで田中さんがアメリカ・テキサス州のオーガニックファームへたどり着いたのは1998年のこと。

Co_pic1


そのころテキサス州は、世界に先駆けてオーガニックコットンのための基準を指定していました。

有機質肥料づくりのため、牛を飼うことから始め、
害虫駆除のためにテントウムシを畑に放す。

テントウムシを増やすため、コットンより成長が早くて甘い、
トウモロコシなどを植えて害虫を呼び寄せる。

コットンの花が咲く頃には、テントウムシがコットンについた害虫めがけて移動し、
役目を終えて枯れたトウモロコシは、牛の資料や有機質肥料の原料に回す。

テキサスでは、自然のサイクルに逆らわない方法で、
オーガニックコットンが栽培されていたのです。

Co_pic2

枯葉剤を使用しない収穫は、綿ができても自然に枯れるまで
3カ月以上も放っておかなければならず、できあがった綿の3割は捨てなくてはなりません。手間がかかり、効率が悪いのも確かですが、
環境にやさしく、何よりも安全なコットンをつくり出すことができます。

_m5b0276_2

オーガニック・エクスプレスでは、このテキサス産コットンを使用した
石田屋オリジナルのカバー類を販売しています。

テキサスから仕入れた綿は、
国内工場で化学薬品を使わずに処理され、丁寧に縫製されます。

ふつうのコットン製品と比べて、見た目に大きな違いはありませんが、化学物質によるダメージが少ないので、綿花本来の特製が活かされ、繊維の吸水性が高いのがポイント。

『オーガニックガーゼ』は、ヨリをあまくしているので、
肌触りがやわらかく、掛けカバーや枕カバーにおすすめです。
ガーゼ生地を二重にした構造で、暖かな空気を含み、逃さないので、
これからの時期にもぴったり。

『オーガニックポプリン』は、ぱりっとした平織りの生地。敷布団カバーやBOXシーツに仕立てられます。 赤ちゃんにも安心の肌触りです。

オーガニックガーゼ/オーガニックポプリン カバー類一覧 ▼ http://www.jiyujin.co.jp/ishitaya/cover/list.php

疲労、不眠、腰痛に。天然素材の寝具
石田屋×オーガニック・エクスプレス

http://www.jiyujin.co.jp/ishitaya/

|

« 九州のお米・仕入れ中です。 | トップページ | 兵庫県より即日(当日)発送しています! »

012.【好評連載】快適な睡眠を。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーガニックコットンのお話し2:

« 九州のお米・仕入れ中です。 | トップページ | 兵庫県より即日(当日)発送しています! »