« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

9月30日 本日の放射性物質測定結果【自遊人オーガニック・エクスプレス】

下記の商品の放射性物質測定を実施しました。
その結果、ストロンチウム90、ヨウ素131、セシウム137、プルトニウム239、ウラン238のすべてにおいて未検出でした。

・松井和信さん作 有機JAS認証のコシヒカリ
http://www.jiyujin.co.jp/organic/p/282

・松井和信さん作 減農薬で育てたコシヒカリ
http://www.jiyujin.co.jp/organic/p/222

商品の入荷を行い、準備が整い次第、10月中旬頃〜出荷を開始いたします。

_mg_0858

| | コメント (0) | トラックバック (0)

兵庫県より即日(当日)発送しています!

こんにちは。発送担当の安部です。

先日、気がついたらいつの間にかこんなページができていました!?
http://www.jiyujin.co.jp/organic/page/?page_id=abe

びっくり、かつ、恥ずかしいですね。

ところで、丹波の配送センターでは月曜日から金曜日、みなさまにお届けする商品の「即日発送」を行っています。

この「即日発送」という言葉。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、たとえば本日9月30日の午後14時頃までにオーガニックエクスプレスで注文された商品のうち、出荷元が丹波の配送センターになっている商品をその日のうちに出荷する、ということです。
9月30日の注文を9月30日に発送し、翌日お客さまの元に届く、という流れになっています。

なので集荷前はなかなか緊迫しています。

本日も14時頃までの注文は、明日みなさまの元にお届けしたいと思いますので、たくさんのご注文お待ちしております!

そろそろ新米の出荷が始まっていきますので、23年産のお米の予約も受け付けております。
http://www.jiyujin.co.jp/organic/list/260/

安全・安心の食
自遊人オーガニック・エクスプレス

安部竜太
http://jiyujin.co.jp/organic



| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーガニックコットンのお話し2

オーガニックコットンのお話のつづきです。

http://gochisou-club.cocolog-nifty.com/uonuma/2011/09/post-7f7a.html

「身体に害のない、安全な布団を作りたい」

そんな思いで田中さんがアメリカ・テキサス州のオーガニックファームへたどり着いたのは1998年のこと。

Co_pic1


そのころテキサス州は、世界に先駆けてオーガニックコットンのための基準を指定していました。

有機質肥料づくりのため、牛を飼うことから始め、
害虫駆除のためにテントウムシを畑に放す。

テントウムシを増やすため、コットンより成長が早くて甘い、
トウモロコシなどを植えて害虫を呼び寄せる。

コットンの花が咲く頃には、テントウムシがコットンについた害虫めがけて移動し、
役目を終えて枯れたトウモロコシは、牛の資料や有機質肥料の原料に回す。

テキサスでは、自然のサイクルに逆らわない方法で、
オーガニックコットンが栽培されていたのです。

Co_pic2

枯葉剤を使用しない収穫は、綿ができても自然に枯れるまで
3カ月以上も放っておかなければならず、できあがった綿の3割は捨てなくてはなりません。手間がかかり、効率が悪いのも確かですが、
環境にやさしく、何よりも安全なコットンをつくり出すことができます。

_m5b0276_2

オーガニック・エクスプレスでは、このテキサス産コットンを使用した
石田屋オリジナルのカバー類を販売しています。

テキサスから仕入れた綿は、
国内工場で化学薬品を使わずに処理され、丁寧に縫製されます。

ふつうのコットン製品と比べて、見た目に大きな違いはありませんが、化学物質によるダメージが少ないので、綿花本来の特製が活かされ、繊維の吸水性が高いのがポイント。

『オーガニックガーゼ』は、ヨリをあまくしているので、
肌触りがやわらかく、掛けカバーや枕カバーにおすすめです。
ガーゼ生地を二重にした構造で、暖かな空気を含み、逃さないので、
これからの時期にもぴったり。

『オーガニックポプリン』は、ぱりっとした平織りの生地。敷布団カバーやBOXシーツに仕立てられます。 赤ちゃんにも安心の肌触りです。

オーガニックガーゼ/オーガニックポプリン カバー類一覧 ▼ http://www.jiyujin.co.jp/ishitaya/cover/list.php

疲労、不眠、腰痛に。天然素材の寝具
石田屋×オーガニック・エクスプレス

http://www.jiyujin.co.jp/ishitaya/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州のお米・仕入れ中です。

こんにちは。自遊人の岩佐です。

9月に入ってから、自遊人のスタッフは大忙しの毎日を送っています。
なぜなら稲刈りを控えているからです。

もちろん私たちの農業生産法人「自遊人ファーム」の圃場もあるのですが
それよりも今年は東日本の圃場に放射能汚染があり、
さらに魚沼には土砂災害があり、と
現地に行って確認しなければならないことが山積みです。

ということで、8月末にドイツから到着した高性能な放射線測定器を持って
(下の黄色い機械です)
当社の藤本は東日本の各地の農家を訪問、土壌の放射線量を改めて測定し
さらに稲穂の状態での放射線量を測定しています。

Img_1510145_64780592_3_2

春から夏までは私が計測していましたが、その計測器での表記はシーベルト、
今度の機械はベクレルで表記が出ます。

Img_1510145_64780592_1_2

▲ 北海道など、「大丈夫」と思われる地域の土壌も計測。遠方の土は送ってもらってチェックしています。

ちなみにこの計測器ではセシウム、ヨウ素、ストロンチウムなど
核種ごとに計測することが可能です。
野菜や果物などの、最終的な食品になった状態での計測も重要ですが
もっと重要なのは土の汚染状態を把握すること。
これがわかっていれば、今後あきらかになっていく「移行係数」で
どの程度、作物が汚染されているか、
地域ごとの判断がおおまかにできるようになります。
ちなみにお米への移行係数は想像以上に少なかったため、
ほとんど放射性物質は検出されませんが
東日本各地の土からは
残念ながら、それなりの量が検出されています(当然なのですが)。

ほとんどの地域のお米は測定限界未満の数値になると思われますから
食べても問題はないでしょうが、
土自体は汚染されていますから、作物によっては気をつけなければいけません。



さて、放射線の計測はさておき。
そろそろ自遊人が生産をお願いしている農家の収穫が始まります。
(美味しいお米は寒暖差がないとできないので
自遊人で契約している生産者の稲刈りは今月下旬から始まります)

ということで、お米のできをチェックしに生産者をまわるため
本当にこの時期は大忙しなのです。

とくに今年からはじまった「強い農業へ」プロジェクトは新規の取引先が多く、
米の出来が気になります。
ということで、私は九州の新規取引生産者の状況をチェックしに来ています。

今日、訪ねているのは熊本県人吉市の生産者団体。
無農薬栽培と特別栽培を中心に取り組む生産者団体で、
今シーズン3回目の訪問になります。
ちょうど今日は生産者全員で
「収穫前の田んぼの状態をチェックしあう」という
合同勉強会のような日なのです。

生産者団体と言っても、食味にこだわる人ばかりの集まりです。
それぞれ農法は異なるわけですが
それによって、どのように米の出来映えに影響したのかを
生産履歴を見ながらチェックしあうという
米の仕入担当としても、生産者としても最高の場なのです。

しかも生産者の田んぼを効率よくまわって
稲の生育状況をみて、さらに土を見たりしながら
あれやこれや、と質問できるのです。

Img_1510145_64780592_4_2

▲ これは田植えの時期にお邪魔した時の写真です。

もちろんこの会は生産者が生産者のために行っている会なので
基本的に部外者の参加はできないのですが、
特別に今回は参加させてもらいました。

で、今年の状況なのですが、人吉のお米、かなりいい出来です。
正直、西日本のお米では一、二を争う味になるのではないでしょうか。

人吉のお米の味がいい秘密は作付時期と収穫時期にあるのですが
九州とは思えないほど収穫が遅いのです。
お米の味は寒暖差が重要ですから、本当は九州は本州より遅く収穫するほうがよいのですが
実際は逆で、九州のほとんどの地域ではとっくに稲刈りが終わっています。
今週は新潟あたりも刈り取りがピークを迎えているほどで
来週は魚沼もピークを迎えます。

なのに人吉の刈り取りピークは10月10日頃。
さらに今回、自遊人で仕入れる生産者団体は、それよりも遅い人が多いのです。
(この話の詳細は今日発売の自遊人に掲載しています)

ちなみに私たち自遊人ファームの稲刈りは10月9日から始まる予定で
終了は20日頃まで。もちろん味を追求するために、そういう時期にずらしているのです。

話を元に戻しますが、人吉のお米、生育状況も非常によく、
倒伏もまったくない状態です。
しかも今年は先週から急に涼しくなりましたから
それ以前に収穫した九州の早場米と、
涼しくなってからしばらく経った頃に収穫適期を迎えたお米では
味がまったく違うのは当然です。

人吉のお米の発送は10月末から11月になると思いますが
ぜひ、人吉のお米、一度食べてみてください。
「え?本当に九州のお米?」と思うことでしょう。

Img_1510145_64780592_5_2

明日は阿蘇のお米の状況をチェックしに行きます。
(写真は阿蘇の農家・内田さん。26歳。若手中の若手。頑張ってます。)
阿蘇も状態はかなりいいようで、楽しみです。

阿蘇のお米も本当に美味しいですよ。

阿蘇はコシヒカリ、人吉は新品種の「にこまる」。
育てている品種が違うので、好みは人それぞれだと思いますが
ぜひ、両方食べ比べてみてください。
(あ、食べ比べられるのはまだ先ですが)

ということで、今週は九州各地のお米のチェックと、
あらたな農産物を開拓しに一週間、九州です。

そして来週まで、全員が全力で仕事をすると
再来週からは稲刈りウィークが始まります。
今年、いちばん大変そうなのは、水害で半分の田んぼが土砂に埋まってしまった
鈴木清さんの稲刈り。

ちなみに鈴木清さんは、ミシュランガイド東京 三つ星店「日本料理かんだ」のご主人・神田裕行さんが「日本一」と太鼓判を押してくれた農家。
今年は「鉄腕ダッシュ」にも出演し、南魚沼を代表する農家の一人です。

毎年、鈴木さんの稲刈りのはざ掛け作業は私たちが手伝っていますが
今年は土砂が入ってしまっているため機械がまったく入らない田んぼがたくさんあるので、
さらに頑張らないといけません。

さぁ、がんばるぞー!おー!

自遊人編集長 岩佐十良


人吉の気候風土に合う新品種「にこまる」を 無農薬・無化学肥料で栽培
熊本県人吉産 無農薬栽培にこまる「医食同源ひとよし米」

コチラで詳しくご紹介してます(購入もこちら)

熊本・阿蘇の、寒暖差に恵まれ、湧き出る天然水が注ぐ田んぼで作る高品質のお米
減農薬・減化学肥料の特別栽培コシヒカリ 内田智也さんのお米

コチラで詳しくご紹介してます(購入もこちら)

ミシュランガイド東京 三つ星店「日本料理かんだ」の
ご主人・神田裕行さんが「日本一」と太鼓判をおすお米

鈴木清さんと神田さんの物語。コチラで公開しています。良かったら読んで下さい。

Img_1510145_64780592_0_2

そういえば、今日が雑誌の発売日ですが
私はできあがりをまだ見ていません。
なぜなら、校了してすぐに西日本に旅立ってしまったから。
九州では明日発売なので、明日、本屋さんに行く時間があったら
買ってみようと思います。

自遊人11月号(9月26日発売)の内容はこちらでご紹介してます。
渾身の「日本酒」特集です。

自遊人最新号のご案内

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーガニックコットンのお話し1

今日は、オーガニックコットンのお話です。

_m5b0276

今でこそ定着してきた「オーガニック」素材ですが、
実は寝具の分野で注目され始めたのはつい最近のこと。
20年も前には、
「直接口に入れるものではないから」と、
こだわりを持つ人はあまりいませんでした。

そもそも、なぜオーガニックコットンが選ばれるようになったのでしょうか?

コットンは虫がつきやすい植物のため、
栽培時に大量の農薬が使用されます。
地球上の耕地面積の約2.5%しかないコットン畑で、
なんと全世界の殺虫剤の16%、農薬の10%が散布されているそうです。
しかも、収穫時には作業を楽にするため枯葉剤を使用しています。
繊維品として製品化される段階で農薬は薄れるそうですが、赤ちゃんや肌が敏感な方には、影響が出るのも事実。

オーガニック・エクスプレスにも出店している『石田屋』では、綿ふとん作りをしていた先代が身体を壊して入院したことが、オーガニックコットン布団の製造を始めるきっかけだったそうです。

「目がチクチクする」
「舌がひりひりする」

などの不調を訴え、手も荒れていた先代を見て、
「化学薬品が原因ではないか」と考えた現社長の田中さん。

化学薬品による殺菌をやめて、オゾン殺菌をした綿を使ってみたものの効果がなく、さらに調べていくうちに、大量の農薬や枯葉剤を使用するコットン栽培の現実を知ったのです……

つづく

疲労、不眠、腰痛に。天然素材の寝具
石田屋×オーガニック・エクスプレス

http://www.jiyujin.co.jp/ishitaya/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八百屋 自遊人。今週販売予定の野菜:9/23,24,25

いつもオーガニックエクスプレスをご利用いただき、誠にありがとうございます。9月22日の14時頃までにご注文いただいたものはすべて発送しましたので、お届けまで今しばらくお待ち下さい!

●○西日本の有機・無農薬野菜セット 9月22日発送の野菜○●

西日本の有機・無農薬の野菜を販売している「八百屋 自遊人」
今週は9/23、9/24、9/25に出店いたします!

【 入荷予定の野菜 】
丹波栗・鳥取梨・オクラ・ジャガイモ・サツマイモ・ピーマン・ナス……etc
※天候などにより野菜の入荷内容が変わることがございます。

・橋本さんのオクラ

Dsc_0906_1

・橋本さんのピーマン

Dsc_0908_1

・橋本さんの茄子

Dsc_0903_1

・一色さんの茄子

Dsc_0904_1

・浦田さんの万願寺とうがらし

Dsc_0907_1

・岩本さんのベビーリーフ

Dsc_0905_1

・小谷さんのメークイン

Dsc_0909_1

・井上さんのサツマイモ

Dsc_0902_1

・丹波栗

Dsc_0910_1

今週はサツマイモやベビーリーフなども登場!

高品質な有機・無農薬の野菜、珍しい野菜を取りそろえています。
みなさまのご来店、心よりお待ちしております!

また、「八百屋 自遊人」で販売している野菜は、

兵庫県丹波市にある膳配送センターから毎週金曜日に発送している

「安全・安心の味 有機・無農薬で栽培した西日本の野菜セット」

でもお求めいただけます。

ぜひ、ご利用ください。

自遊人オーガニック・エクスプレス

http://www.jiyujin.co.jp/organic/p/1323

有楽町店の『八百屋 自遊人』

http://www.jiyujin.co.jp/organic/page/?page_id=yasai

Dsc_0900_1

安全・安心の食
自遊人オーガニック・エクスプレス

安部竜太
http://jiyujin.co.jp/organic

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西日本の有機・無農薬野菜セット 9月22日発送の野菜

いつもオーガニックエクスプレスをご利用いただき、誠にありがとうございます。9月22日の14時頃までにご注文いただいたものはすべて発送しましたので、お届けまで今しばらくお待ち下さい!

●○西日本の有機・無農薬野菜セット 9月22日発送の野菜○●

兵庫県丹波市にある膳配送センターから毎週発送している

「安全・安心の味 有機・無農薬で栽培した西日本の野菜セット」

本日9/22に発送した「安全・安心の味 有機・無農薬で栽培した西日本の野菜セット」は、

・橋本さんのオクラ

Dsc_0906_1

・橋本さんのピーマン

Dsc_0908_1

・橋本さんの茄子

Dsc_0903_1

・一色さんの茄子

Dsc_0904_1

・浦田さんの万願寺とうがらし

Dsc_0907_1

・岩本さんのベビーリーフ

Dsc_0905_1

・小谷さんのメークイン

Dsc_0909_1

・井上さんのサツマイモ

Dsc_0902_1

・丹波栗

Dsc_0910_1

今週はサツマイモやベビーリーフなども登場!
丹波の栗は大粒で、甘みもしっかりしています。

(発送は毎週金曜日。自遊人オーガニック・エクスプレスでお求めいただけるほか、「八百屋 自遊人」でも受け付けています)

http://www.jiyujin.co.jp/organic/p/1323

有楽町店の『八百屋 自遊人』

http://www.jiyujin.co.jp/organic/page/?page_id=yasai

Dsc_0900_1

安全・安心の食
自遊人オーガニック・エクスプレス

安部竜太
http://jiyujin.co.jp/organic

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱりイモ(無農薬)が好き

こんにちは。橋場です。

いつもオーガニックエクスプレスをご利用いただき、誠にありがとうございます。9月20日の14時頃までにいただいたご注文はすべて発送しましたので、お届けまで今しばらくお待ち下さい!

さて、ここ最近の人気商品と言えば有機・無農薬で栽培した西日本の野菜セット です。

Photo
いつかの野菜セット

有機JAS・無農薬で栽培された野菜を中心に、季節によってさまざまな野菜をお届けします。

極太のゴーヤ…粘りの強いオクラ…香り豊かなニラ…多様な野菜を楽しむことができます。
その中でもおすすめなのがイモ!

Photo_2
イモ!

口に入れた瞬間のほっこり感がたまりません。こんなにいもいもしいイモは初めてかもしれません。

蒸かしてさっと焼き色をつけて塩をかけるだけでとってもおいしく味わえます。

Photo_3

市販のポテトチップスに慣れてしまった人にはこのイモを食べて、そのいもいもしさを味わってみてはいかがでしょうか。

安全・安心の食
自遊人オーガニック・エクスプレス
橋場 拓冬
http://jiyujin.co.jp/organic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西日本の有機・無農薬野菜セット 9月16日発送の野菜 & 八百屋自遊人おやすみのお知らせ

いつもオーガニックエクスプレスをご利用いただき、誠にありがとうございます。9月16日の14時頃までにご注文いただいたものはすべて発送しましたので、お届けまで今しばらくお待ち下さい!

●○西日本の有機・無農薬野菜セット 9月16日発送の野菜 & 八百屋自遊人おやすみのお知らせ○●

有楽町店の『八百屋 自遊人』

Dsc_0885_1

東京有楽町の「東京交通会館」マルシェで、西日本の野菜を販売している「八百屋 自遊人」ですが、明日、明後日はお休みとなります。

有機・無農薬・珍しい野菜を楽しみにしていた方々、ごめんなさい。 9月の営業予定日は23日、24日、25日となっております。

今後もスケジュールが決まり次第、ブログなどでも告知していきたいと思います!

 

なお、「八百屋 自遊人」で販売している有機・無農薬の野菜は、兵庫県丹波市にある膳配送センターからも毎週発送しております。

「安全・安心の味 有機・無農薬で栽培した西日本の野菜セット」

毎週金曜日、兵庫・丹波より新鮮な野菜を発送いたしますので、ぜひご利用下さい。

なお、本日9/16に発送した「安全・安心の味 有機・無農薬で栽培した西日本の野菜セット」は、

・橋本さんのゴーヤ

Dsc_0888_1

・橋本さんのピーマン

Dsc_0887_1

・橋本さんの冬瓜

Dsc_0886_1

・浦田さんの茄子

Dsc_0889_1

・浦田さんの万願寺とうがらし

Dsc_0890_2

・土井さんのオクラ

Dsc_0891_1

・土井さんのニラ

Dsc_0892_1

・小谷さんのメークイン

Dsc_0893_1

・丹波栗

Dsc_0894_1

このようなラインナップになっています!

ぜひ、ご利用下さい。

Dsc_0883_1

(発送は毎週金曜日。自遊人オーガニック・エクスプレスでお求めいただけるほか、「八百屋 自遊人」でも受け付けています)

http://www.jiyujin.co.jp/organic/p/1323

安全・安心の食
自遊人オーガニック・エクスプレス

安部竜太
http://jiyujin.co.jp/organic

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぬくもりを感じる天然素材のブランケット

丹波の風景はまだ夏の名残があるものの、
季節は次第に秋へと移りつつあります。

気温も落ち着いて、朝晩の気温が10度代になると、
そろそろ寝具も衣替えの時期ですね。
ふとんのぬくもりが恋しい季節ももうすぐそこに……

就寝時と起床時の温度差をコントロールできず、
体調を崩してしまうことも多いこの時期。

先日ご紹介した「麻掛け布団」ももちろんおすすめですが、

もっとぬくもりを感じる、
柔らかい肌触りを求める方におすすめしたいのが、
天然素材のブランケットです。

オーガニック・エクスプレスでは、
寝具の名店・石田屋にウェブショップを開いてもらっていますが、
その中でも特に使いやすく、人気が高まっているのがこのブランケット。

天然のブナから作った繊維「モダール」と、「シルク」の2つの素材を揃えています。


_mg_0404_sub

_m5b0342_main

<a href="http://www.jiyujin.co.jp/ishitaya/quilt/product3.php">

「モダールブランケット」は、軽くてやわらかく、
触った誰もが「えっ?この素材はなに?」と驚くような肌触り。

シルクのようななめらかさは、思わずほおずりしたくなるほどです。
天然木からつくっただけに、吸湿性・放湿性も抜群。ネットに入れて、洗濯機のデリケートコースで丸洗いできるのも嬉しいです。

_mg_0408_sub

_m5b0364_main

<a href="http://www.jiyujin.co.jp/ishitaya/quilt/product4.php">

もうひとつの「シルクブランケット」は、一言で言うと「ふわふわ」。

タテ糸、ヨコ糸ともに100%シルクを使って、表面を起毛仕上げにしているので、

肌触りはソフトでふんわり。
この感触を一度味わうと、もう一般的なウールのブランケットには戻れなくなってしまうかもしれません。
シルクも吸湿性・放湿性に優れているので、お子さまにもおすすめ。ベビー用のハーフサイズもあります。

ちなみに、ブランケットが活躍するのは春・秋だけではありません。

冬場は、羽毛布団の上にブランケットをかけることで、冷たい空気を遮断して、布団の中のあたたかさをとじ込めてくれます。1枚プラスするだけで、暖かさがぐっとUP!

秋・冬・春と大活躍の1枚。最高級の素材を使っているので値段はそれなりですが、
良い素材は丁寧にメンテナンスしてあげたら何十年でも使えます。毎日の睡眠が楽しみになりますよ!

シルク以上の肌触り!? 吸湿性・放湿性抜群の天然繊維
モダールブランケット

http://www.jiyujin.co.jp/ishitaya/quilt/product3.php

表面を起毛仕立てにした肌触りふわふわのブランケット
シルクブランケット

http://www.jiyujin.co.jp/ishitaya/quilt/product4.php


疲労、不眠、腰痛に。天然素材の寝具
石田屋×オーガニック・エクスプレス

http://www.jiyujin.co.jp/ishitaya/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栄養満点!効果覿面!野菜ジュースを飲もう!

こんにちは。橋場です。

いつもオーガニックエクスプレスをご利用いただき、誠にありがとうございます。9月12日の14時頃までにご注文いただいたものはすべて発送しましたので、お届けまで今しばらくお待ち下さい!

今日はオーガニック・エクスプレスの超人気商品を紹介します。

Photo
ラクティックアシッド×国産“完熟野菜”  野菜時間

野菜ジュースです。健康に敏感な方もうご存知かもしれませんね。小ぶりながらも異彩を放つその外見が僕の興味を引き付けます。

「野菜時間」とは何かというと…

「単なる野菜ジュースではなく、さらに乳酸菌で発酵させた“野菜の完全型”とも言えるジュース。塩分はゼロなのに漬け物を大量に食べるのと同じように乳酸菌を摂取できるジュース。そんな日本人の体にあったジュースの理想型」

とのことです(オーガニックエクスプレス商品紹介ページより)。なんだか健康にいいみたいなので飲んでみます。

……

ああああすっぱい!どうしようすっぱいです。

2
酸っぱい

僕は味覚がお子様なのですっぱいものが苦手なのですが…あれ?なぜかもう一口飲みたくなってきた…

……

ああああああすごくすっぱい!あ、でもどうしようもう一口…

……

3
気がつけばからっぽ

なんだか不思議な飲み物です。興味がわいた方はぜひ商品紹介ページをご覧ください。く詳しい説明や原材料の産地など紹介しております。

また、パッケージをリニューアルしたので新しい姿でお届けします!

Photo_2
こんな感じです

ついつい飲んでしまいます!でもすっぱいです!ご利用お待ちしております!



安全・安心の食
自遊人オーガニック・エクスプレス
橋場 拓冬
http://jiyujin.co.jp/organic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西日本の有機・無農薬野菜セット 9月9日発送の野菜 & 八百屋自遊人おやすみのお知らせ

いつもオーガニックエクスプレスをご利用いただき、誠にありがとうございます。9月9日の14時頃までにご注文いただいたものはすべて発送しましたので、お届けまで今しばらくお待ち下さい!

●○西日本の有機・無農薬野菜セット 9月9日発送の野菜 & 八百屋自遊人おやすみのお知らせ○●

西日本の有機・無農薬野菜セット、最新の発送内容はこちら↓

http://gochisou-club.cocolog-nifty.com/uonuma/2011/09/916-096a.html

有楽町店の『八百屋 自遊人』

Dsc_0815_1

東京有楽町の「東京交通会館」マルシェで、西日本の野菜を販売している「八百屋 自遊人」ですが、明日、明後日はお休みとなります。

有機・無農薬・珍しい野菜を楽しみにしていた方々、ごめんなさい。

スケジュールが決まり次第、ブログなどでも告知していきたいと思います!

 

なお、「八百屋 自遊人」で販売している有機・無農薬の野菜は、兵庫県丹波市にある膳配送センターからも毎週発送しております。

「安全・安心の味 有機・無農薬で栽培した西日本の野菜セット」

毎週金曜日、兵庫・丹波より新鮮な野菜を発送いたしますので、ぜひご利用下さい。

なお、本日9/9に発送した「安全・安心の味 有機・無農薬で栽培した西日本の野菜セット」は、

・橋本さんのかぼちゃ

Dsc_0816_1

・橋本さんのゴーヤ

Dsc_0817_1

・橋本さんのピーマン

Dsc_0818_1

・橋本さんのオクラ

Dsc_0819_1

・浦田さんの茄子

Dsc_0820_1

・浦田さんの万願寺とうがらし

 

Dsc_0821_1

 

・浦田さんのバジル

Dsc_0822_1

 

・浦田さんのプチトマト

Dsc_0823_1

 

・小谷さんのメークイン

Dsc_0824_1

 

このようなラインナップになっています!

ぜひ、ご利用下さい。

Dsc_0810_1

(発送は毎週金曜日。自遊人オーガニック・エクスプレスでお求めいただけるほか、「八百屋 自遊人」でも受け付けています)

http://www.jiyujin.co.jp/organic/p/1323

安全・安心の食
自遊人オーガニック・エクスプレス

安部竜太
http://jiyujin.co.jp/organic

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西日本の有機野菜・無農薬野菜を宅配で

こんにちは。橋場です。

9月8日の14時頃までいただいたご注文はすべて発送しましたので、お届けまで今しばらくお待ち下さい!

秋です。日中はまだまだ暑くタオルが手放せませんが、朝晩は空気もひんやりとしてやっぱり秋です。このまま順調に気温が下がってどっさり雪が降ってほしいものです。

明日9月9日金曜日は西日本の野菜セット発送日です!

Dsc_0762_1
前回発送のセット内容です。

今回はどんな野菜たちが集まるのか!発送する側からしてもなかなかスリリングな商品になっております。個人的にはジャガイモをどっさり食べてみたいものです。

毎週お届けコース隔週お届けコースもありますのでぜひ一度お試しください。

西日本の有機・無農薬野菜セットの最新の発送はこちら↓ http://gochisou-club.cocolog-nifty.com/uonuma/2011/09/201199-47b6.html

安心・安全の食
自遊人オーガニック・エクスプレス
橋場 拓冬
http://jiyujin.co.jp/organic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

強い農業へ:有機の里、丹波

こんばんは、安部です。

いつもオーガニックエクスプレスをご利用いただき、誠にありがとうございます。9月7日の14時頃までにご注文いただいたものはすべて発送しましたので、お届けまで今しばらくお待ち下さい!

●○強い農業へ:有機の里、丹波○●

Dsc_0764_1

丹波では今、田んぼの稲穂が実りの時期を迎え、生産者の方々が収穫で忙しくなる時期に入ろうとしています。

丹波、と言えば黒豆や丹波大納言小豆が有名で、米の産地、というイメージはありませんが、実は!丹波市は米業者の間では美味しいお米がとれる地域として名が知られています。(ちなみに、「特A・A・B・C・D・E・評価外」のうち、「A」の評価)

ところで、自遊人・膳では”日本の米と農業”を応援するために、「強い農業へ」というプロジェクトを立ち上げていますが、
その一環として、今回、23年産の新米からご協力を頂いている丹波市市島町の有機米生産者、宮垣富男さんのグループの取材に同行させてもらいました!

初めての取材(手伝い)です!

この日は、台風の影響で荒れ模様だった数日前とはうってかわり、久しぶりの快晴。稲穂を揺らす風も心地よい一日。

日光を全身に浴びられるって、やっぱりいいですね。

Dsc_0793_1

Dsc_0774_1

丹波市市島町でお米を生産している宮垣富男さんを中心としたグループは、圃場ごとに土壌の分析を行ったり、科学的なデータを元に施肥を計画しています。日本で土壌分析までを行う生産者は稀で、特に西日本でここまで研究を重ねている方はなかなかいないのだそうです。
僕はそのような”すごい方々”にお会いしてきました。

あくまでお手伝いの身なので、撮影や取材のお邪魔にならないように動きました。枚数は少ないのですが、いくつか写真を撮ったので載せてみます。

 

Dsc_0775_1

取材の風景を後ろからこっそりと。

Dsc_0774_1

宮垣富男さんが稲穂の根元を見せてくれ、田んぼの土の説明をしていました。

Dsc_0780_1

プロのカメラマンの方の撮影風景を撮影。

 

Dsc_0786_1

巨大な雲が通過中で日が少し陰りましたが、すぐに回復。

Dsc_0791_1

これは後ろ姿ですが…遠くの山並みを眺める様子をこっそりと撮影。

Dsc_0809_1

宮垣さんが稲穂を引っ張っていますが、稲がどれくらいの範囲に根を広げているのかを教えてくださいました。田んぼの土が相当な範囲で動くので驚きましたが、至近距離からとれなくて残念。

 

Dsc_0803_1

Dsc_0808_1

グループのお一人、高見康彦さんが稲穂を引き抜いて水で根を洗ったのち、稲の根の様子を見せてくれました。

ちなみに、高見さんは「第12回全国米・食味分析コンクール:国際大会」で金賞を受賞している方。なんと、2010年に初めてコンクールに出品して、いきなり金賞を受賞したのだそうです。まだお若いのにすごいです。

田んぼを離れ、高見さんのお宅に戻った後は、精米したての美味しいお米、味噌汁、漬物という、最高の組み合わせで食事をいただきました。

やっぱり、日本人は米ですね。

取材のお手伝いは初めてでしたが、普段の発送業務とは全くちがった経験をさせてもらい、とても充実した時間を過ごすことができました。

安心・安全の食
自遊人オーガニック・エクスプレス

安部竜太
http://jiyujin.co.jp/organic

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

棚田や闘牛で知られる山古志の、「奉納相撲」に今年も参加しました

毎年、大人の農作業体験会in山古志のイベントでお世話になっている山古志村。

山古志と言えば、闘牛(牛の角突き、と地元では呼ばれます)。
棚田の風景、そして美味しいお米。
錦鯉や、毎年5m近くにもなる豪雪や……。
有名なものがたくさんあります。

山古志の種苧原(たねすはら)という地区で、毎年9月の最初の週末、秋のお祭りが開催されます。
このお祭りのメインイベントである、「奉納相撲」に参加させていただくようになって早3年目です。
今年も、自遊人の岩佐が参戦してきました。

_m5b3273s

_m5b3336s

小さな地区の地元のお祭りなので、力士は地元の皆さん。つまり全員素人ではあるのですが……。毎年出場されているからなのか、それとも農作業で日々鍛錬されているからなのか、強者ばかりがそろっています。

岩佐も勇み足で参戦しましたが、結果はかろうじて一勝一敗。

端から見ているとわからないのですが、

「まわしを締めると、神聖な気持ちになる」
「実はすんごい痛いし、すんごい疲れる」

のだそうです。
今年も岩佐は、よれよれのすり傷だらけになりながらも、
試合後はなんだかちょっとうれしそうなのでした。不思議。

私たちがなぜ山古志を訪れるようになったかというと、それは「お米」です。
山間地の田んぼで穫れる山古志のお米は、穫れる量も少ないし、作業効率も低くて米作りには苦労が多いのですが、その分、味がいいのです。

いつも農作業体験などでお世話になっている、坂牧さんのお米。しっかり甘みがあって、冷めても美味しいお米です。

坂牧敏一さんの棚田米 減農薬で育てたコシヒカリ
23年産・減農薬(新潟・旧山古志村産コシヒカリ)

小規模ながらも名物がたくさんある山古志村。
皆さんもぜひ一度、訪ねてみてください。

自遊人ファーム農場長
平澤唯
jiyujin.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日はマルシェ!& 2011.9.2発送の野菜セット

いつもオーガニックエクスプレスをご利用いただき、誠にありがとうございます。9月2日の14時頃までにご注文いただいたものはすべて発送しましたので、お届けまで今しばらくお待ち下さい!

●○明日はマルシェ!& 2011.9.2発送の野菜セット○●

西日本の有機・無農薬野菜セット、最新の発送内容はこちら↓

http://gochisou-club.cocolog-nifty.com/uonuma/2011/09/916-096a.html

 

有楽町店の『八百屋 自遊人』

今週は、9月3日(土曜日)、4日(日曜日)、  東京有楽町の「東京交通会館」マルシェに 西日本の有機・無農薬野菜の販売のお店「八百屋 自遊人」を出店いたします!

ミニトマト、万願寺とうがらし、ナス、おくら、きゅうり、ピーマン、ゴーヤ、メークイン、モロヘイヤ、つるむらさき……などなど様々なラインナップ。

Dsc_0762_1

八百屋は遠くて行けない!重い荷物を持つのはちょっと…

そんな方のために、「安全・安心の味 有機・無農薬で栽培した西日本の野菜セット」もご用意しています。

毎週金曜日、兵庫・丹波より新鮮な野菜を発送いたしますので、ぜひご利用下さい。

なお、本日9/2に発送した「安全・安心の味 有機・無農薬で栽培した西日本の野菜セット」は、

・池野さんのつるむらさき

Dsc_0754_1

・池野さんのゴーヤ

Dsc_0755_1

・一色さんの万願寺とうがらし

Dsc_0759_1

・一色さんのオクラ

Dsc_0756_1

・一色さん or 橋本さんのピーマン

Dsc_0757_1

・一色さん or 池野さんのモロヘイヤ

Dsc_0753_1

 

・一色さん or 浦田さんの茄子

Dsc_0761_1

 

・一色さんのキュウリ

Dsc_0760_1

 

・小谷さんのじゃがいも

Dsc_0758_1

 

このようなラインナップになっています!

Dsc_0752_blog

(発送は毎週金曜日。自遊人オーガニック・エクスプレスでお求めいただけるほか、「八百屋 自遊人」でも受け付けています)

http://www.jiyujin.co.jp/organic/p/1323

安心・安全の食
自遊人オーガニック・エクスプレス

安部竜太
http://jiyujin.co.jp/organic

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月1日

いつもオーガニックエクスプレスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

9月1日の14時頃までいただいたご注文はすべて発送しましたので、お届けまで今しばらくお待ち下さい!

○●9月1日●○

はやいもので今日から9月。
丹波ではまだ残暑の暑さがありますが、

Dsc_0742_1

黄金色に稲穂たちも実り、

Dsc_0748_1

だんだんと風景も秋へと移っていくことを実感しています。

さて、9月1日は、何の日かと言えば「防災の日」。

僕は関東出身なので、小・中学生のときに行った防災訓練などしみじみと思い出してしまいますが、

その時に配られたりする定番の食べ物と言えば、乾パン。

防災食といっても、ここ最近は美味しいものが増えてきているとはいえ、やはり保存性重視で味気ないものも多いですよね。

少し前になりますが、7月の初旬に、実際に自分たちでサバイバルフーズを食べてみたことがあります。

http://gochisou-club.cocolog-nifty.com/uonuma/2011/07/post-0fac.html

この日の主目的は、ずばり「自分たちがふだん発送しているものを食べる」ことだったのですが、調理中や食後には、結構まじめな話もしていました。

やはり今年は東日本大震災という大災害があったので、サバイバルフーズを「ただ食べるだけ」という気分ではなかったんですよね。

あのときは丹波市内にある少し大きい公園で、周りでは小学生や親子が楽しそうに遊んでいました。そのなかで簡易ガスコンロに鍋を載せ、男二人でチキンシチューを食べていたので、不思議な目で見られもしましたが、大災害時はこの平和な休日の風景も一変し、目の前を通っていった見知らぬ人とも様々なシーンで助け合っていくんだろうなあ、とか、色々考えてしまいました。

この日の試食は、自分たちで能動的に行った、ある意味「本当の防災訓練」です。

休日なので楽しみながら行っている面もあるとはいえ、

公園内で水場を探したり、簡易ガスコンロを設置する場所の確保、食器類をのせるテーブル代わりの石など、けっこう探したりするのも大変でした。

訓練って大事なんだなと初めて実感。

保存食などを公園に持っていっ防災訓練をする、というようなかたは少ないと思いますが、実際に行ってみると、なかなかいい経験になりますよ。

「防災の日」の日付は、あと1時間ほどで変わってしまいますが、こうした機会に自分たちの家庭の備えを見直してみるのもいい機会ではないでしょうか。

安心・安全の食
自遊人オーガニック・エクスプレス
安部竜太
http://jiyujin.co.jp/organic

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒豆をまた見守ろう!

こんにちは。橋場です。

いつもオーガニックエクスプレスをご利用いただき、誠にありがとうございます。8月31日の14時頃までいただいたご注文はすべて発送しましたので、お届けまで今しばらくお待ち下さい!


6月に植えた黒豆たち…見守ることしかできていませんがどうしているのだろう…

1

なんということでしょう!
とても立派に育っています。古倉さんの世話が行き届いているのでしょう。ついこの間まで豆だったのに。

よく見ると…

Photo

これは黒豆の花でしょうか?
もうじき実をつけるんですね。

収穫を楽しみにしたいと思います。


安心・安全の食
自遊人オーガニック・エクスプレス
橋場拓冬
http://jiyujin.co.jp/organic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »