« もっとかまくらをつくろう! | トップページ | 農村六起プロジェクト »

日本料理店『懐石 小室』が選んだ“本物の調味料”「大久保醸造の味噌」

東京・神楽坂にある日本料理店『懐石 小室』をご存知ですか?

近年はミシュランガイド東京で二つ星を獲得。
ご主人・小室光博さんが生み出す、
懐石と独自の感性を調和させた美味しい料理が人気のお店です。

そんな多くの人に愛される「小室の味」を形成する
重要な存在が“素材”。
小室さんは、魚や肉など料理の主役になりうるものだけではなく、
調味料やだし素材までも、自分の舌で確かめて仕入れています。

これほどまでに素材の質にこだわる小室さんが、
実際に使う調味料の一つがこちら!
「大久保醸造の味噌」
B010sub2
大久保醸造で仕込まれている「米味噌」は、
普通の3倍以上の手間をかけて天然醸造した信州味噌です。

通常の米味噌は、米にのみ麹菌をつけますが、
味噌玉味噌では、煮大豆をミンチにした味噌玉にも麹をつけます。

さらに大久保さんの場合、大豆のひと粒ひと粒に麹菌を繁殖させる、という方法をとっています。
こうして手間と時間をかけることによって、
米味噌としては珍しいほど豆の風味と旨みが引き出されています。

遺伝子組み換え大豆は一切使わず国産原料だけを使用し、化学調味料は無添加で長期熟成。
しかも木桶で仕込んでいるという、
今ではほとんど見かけない、いわば「幻の味噌」です。

ぜひ、自らの舌で味わってみませんか?

▼「大久保さんの米味噌」のご購入はこちらから
http://www.jiyujin.co.jp/organic/p/19

▼より風味の強い「大久保さんの麦味噌」もご購入いただけます
http://www.jiyujin.co.jp/organic/p/22

オーガニック・エクスプレス
http://www.jiyujin.co.jp/organic/

北川愛子

|

« もっとかまくらをつくろう! | トップページ | 農村六起プロジェクト »

006.スタッフのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本料理店『懐石 小室』が選んだ“本物の調味料”「大久保醸造の味噌」:

« もっとかまくらをつくろう! | トップページ | 農村六起プロジェクト »