« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

寒いこの季節に。木桶仕込白味噌セット

魚沼は最近めっきり寒くなりました。
その上連日雨が降り続き、底冷えしています。
ダウンとホッカイロが欠かせない季節の到来です。

寒い時はあったかい食べ物で身も心も
ぽかぽかにしたいものです。
毎日食卓にのぼる温かい食べ物といえば
味噌汁。
というわけで、
今日は味噌をご紹介したいと思います!

膳では数多くの味噌を皆様にご提供して
おりますが、
「どうせなら色々な味噌の味を楽しみたい」
「美味しい味噌の食べ比べをしてみたい」

そんな方におすすめなのが
木桶味噌食べ比べセット  

です。

04051839_4bb9afd0a2029
6種類(冬期のみ7種類も販売)の
厳選された膳自慢の味噌が
詰め合わされた大変お得なセットです。

1つ500gという小さめサイズのため、手軽に
たくさんの味噌を食べ比べ頂けます。

寒い冬に味噌汁の食べ比べなど
してみるのはいかがでしょうか?

↓こちらからご購入いただけます↓
木桶味噌食べ比べセット
http://www.jiyujin.co.jp/organic/p/381



今日の魚沼は久しぶりの良いお天気でした。
夕方にはこんな幻想的な空に。
Img_0407
思わずシャッターを切ってしまいました。

来週は晴れが多いことを心から願います。

膳配送センター 歌 汐里

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魚沼は今日も雨だった

こんにちは。橋場と申します。

ここ数日の荒天にうんざりしています。
ご存知の方もいるかもしれませんが、ここ魚沼では昨日初雪が降りました。自遊田の様子を見に行ってみると…日陰に降雪の面影が。

Dscf1387
ちょっとだけ

今日も雨が降り、作業が遅れに遅れています。
稲の状態がとても心配ですが、明日は晴れの予報なのでがっつり作業したいと思っています。

台風も近づいているしまだまだ先は長そうです。と考えると涙目になりそうですが、がんばっていきます。

明日の予報が当たりますように。

橋場 拓冬

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お料理にだって使えちゃいます。有機トマトジュース。

こんばんは。物流センター長の笠原です。

今日は連続ではありますがジュースのご紹介をしたいと思います。

森原さんが大事に大事に育て上げた有機完熟トマトを利用したトマトジュースです。
N025

なんとこちら、料理ベタで有名な私が助けられています。

パスタソースなど様々な料理にも使えちゃうのです。

ボトル1本あたり約1kgのトマトを使用しているから薄まることなくしっかりと具材とマッチしてくれますよ。

急に寒くなったのでコトコトとトマト煮込みなんていかがでしょうか。

お好きな本数をセットでご用意できます!

有機完熟トマト使用  トマトジュース
http://www.jiyujin.co.jp/organic/p/213

物流センター長
笠原

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新登場!「減農薬 りんごジュース 200ml×8本セット」

大人気のりんごジュースが飲みやすい200mlで新登場!
果実の自然のままの甘みと香りを楽しめる、
無添加100%のストレートジュースをご紹介します。

09231236_4c9acb4e49752
農作物の栽培が盛んな山形・高畠町産のりんごを使用。 

09231838_4c9b1ffec535f
品種は、蜜がたっぷりの「ふじ」100%。

りんごを作っている果物農家の鈴木さんは、
安心して口にできるものを、と、
農薬の量を減らして減農薬栽培を手がけています。
また、安全な果物づくりに気を遣い、
手間を惜しまず1個1個に袋がけをするなど、工夫しているのです。

09231841_4c9b20c2748c9
ビタミンCや水、砂糖などは入れず、果汁のみで仕上げています。
完熟りんごを丁寧に丁寧にしぼっているのでびっくりする程の甘さですよ!

09231845_4c9b21a7ae6f4
自然のままの味と色をどうぞお楽しみ下さい。
朝食時の飲み物やおやつに、また贈り物にも、是非おすすめです。

※原料をそのまま絞っているので、収穫年や時期により、若干味が異なることがございます。

▼「減農薬 りんごジュース 200ml×8本セット」のご購入はこちらから
http://www.jiyujin.co.jp/organic/p/861
数量限定ですので是非お見逃しなく!

カスタマーセンター
北川 愛子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

減々農薬・有機質肥料100%鈴木和夫さんのお米 22年度産が到着しました

皆さんこんにちは。

倉庫ではここのところ毎日新米が入庫しています。
農家の方々が1年間手塩にかけて育てたお米が
次々に入ってくるのはなかなか感動です。

先週の土曜日は膳のお米の中でも
1、2の人気を争う程ご好評を頂いている
鈴木和夫さんのお米が入庫しました。

A037sub1

なんと和夫さん自ら長野県の飯山からはるばるお米を
届けて下さいました!
遠い南魚沼までお越し頂き本当にありがとうございます。
(搬入時の様子がなくてすみません・・・)

本当はすでに和夫さんのお米は倉庫に
入庫してあったのですが、
満足のいくものではないから、と
さらに選抜されたよりすぐりのお米を
全入れ替えしてくださったのです。
そのお米に対するこだわりと、熱意には
ただただ感動、感謝です。

「全国米・食味コンクール」で1回の「特別優秀賞」、
4回もの金賞受賞した経歴をもつ和夫さんのお米。
香りと粘りのバランスがほどよくとれている、と
自遊人スタッフの間でも話題になっています。

ご注文のお客様にも一早く味わって頂きたいお米です。

22年産のお米はもうまもなく到着の予定です!

減々農薬・有機質肥料100% 鈴木和夫さんのお米

減々農薬・ 有機質肥料30~50% 鈴木和夫さんのお米 

21年度産のお米も只今お求めやすい価格で販売中です!

【SALE】減々農薬・有機質肥料100%鈴木和夫さんのお米                                 
 

1ヶ月前はこんなにがらんとしていた倉庫が
Img_0243

1ヶ月でこのような状態に!
Img_0406

今年は記録的な猛暑に見舞われた関係で
どこの農家さんも例年と比べ、
大変な苦労を強いられたようです。

農家の方々の苦労の結晶。こちらも
心を込めてお客様の元へお届けさせて頂きます。

忙しい日々はまだまだ、続きます。

膳配送センター 歌 汐里

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やみつき農作業

こんにちは。
最近農作業が趣味になりつつある橋場です。

インターン生がみんな帰ってしまい、さみしい限りですが思い出に浸ってばかりもいられません。
まだまだやることはたくさんあるのです。

今日は今井さんの田んぼで脱穀のお手伝いをしてきました。
田んぼに到着すると大きなコンバインが・・・

Dscf1375_2戦車のよう・・・

乾燥した稲をコンバインにかけると細かなホコリがもうもうと立ち込めます。
このホコリが曲者で、呼吸しづらいしのどがイガイガするし全身の毛穴をくすぐるしでもう大変です。

そんな中、今井さんとがんばること4時間。
田んぼはこうなりました。
Dscf1382兵どもが夢の跡

一面に散らばっているのは脱穀後の稲ワラです。
この時点で体がホコリまみれ、鼻水ズビズビで人には見せられない姿になっていますが、この達成感はやみつきになりそうです。

 

明日も晴れますように。

橋場 拓冬

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【10月限定販売】魚沼産コシヒカリ玄米と4種の雑穀の五穀粥

みなさん、朝食はしっかり食べていますか?

今日は、食欲のない朝にも最適な
栄養たっぷり! 魚沼産コシヒカリ玄米と4種の雑穀が入ったお粥をご紹介します。

09301415_4ca41ced3ced3

魚沼産コシヒカリを100%使用。
魚沼の清水で炊きあげ、味付けも一切していないので、素材本来の味をお楽しみいただけます。 

玄米や雑穀の持つ栄養もきちんと取れるだけでなく、とってもヘルシー!
お客様からも「胃にやさしくて朝食にも最適」とご好評いただいております。

玄米のご飯は食べづらい、という方でも、
消化のよいおかゆなら、無理なくお召し上がりいただけます。

09301415_4ca41cfddb2ab
写真は5袋ですが、実際は20袋になります。

▼「魚沼産コシヒカリ玄米と4種の雑穀の五穀粥 」のご購入はこちらから
http://www.jiyujin.co.jp/organic/p/696#VARIATION

賞味期限間近の為、大特価にてお届けします!
10月いっぱいの限定価格なので、
この機会に是非お試しください!

※賞味期限について
セール価格にてご案内しております商品は
賞味期限が2010年12月17日までのものとなります。
予めご了承頂きますようお願い申し上げます。

カスタマーセンター
北川 愛子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌 vs. バインダー vs. コンバイン

今年の自遊田は、無農薬 vs. 減農薬、中苗 vs. 成苗、紙マルチ vs. 布マルチ、水量と水温の管理も夜出し・朝止め(ふつうは逆)……と、それはそれはいろんな栽培方法を試してきました。

初志貫徹で、稲刈り方法もいろいろと模索をしています。

それぞれを簡単にですが、ご紹介します。

(1)手刈り
もっとも原始的なやり方。
・手で鎌を持って刈り、
・手で束ね、
・ハザ掛けにします。
・約2週間の天日乾燥のあと、脱穀・仕上げ乾燥・籾すりをして完成です。_m5b0141s_3
_m5b0024s広告部部長・西澤です。ふだんは東京で勤務しています。意地の悪い農場長に「西澤さんの縛り方、なってない!」と嫌味を言われつつ(ごめんなさい)、ざくざく作業をしてくれました。

(2)バインダー刈り
(1)の一部を機械化した方法です。
・バインダーという機械を使って刈り取り・結束
・ハザ掛けにします。
・約2週間の天日乾燥のあと、脱穀・仕上げ乾燥・籾すりをして完成です。

_m5b0164s仲睦まじいお二人。

(3)コンバイン刈り
今現在、もっとも近代的な稲刈り方法です。
・コンバインという機械を使って刈り取り・脱穀
・乾燥・籾すりをして完成です。

_mg_7819sコンバインは女子の担当。

こうやって作業工程を書き出すだけで、作業量の違いが歴然ですね。となると、人間の疲労度も格段に違うわけで……。寝ても覚めてもハザ掛けの日々だったインターン前半戦のメンバーは、田んぼから帰ってくると毎日ぐったりして見えましたが、コンバインが導入された後半戦の面々はなんとなく余裕があるような気がします。
とはいっても、コンバインに乗って作業ができるのは一度に1人だけなので、そのほかの作業をいろいろやってくれているんです。ほんとおつかれさま!

いよいよ明日が、インターン最終日です。
「寂しくなります」
と、農作業リーダーの橋場が最近よくつぶやいています。
誰か慰めてやってください。

_mg_7832s
自遊人ファーム農場長
平澤唯
jiyujin.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「FUUDO」「KIDS SAVER」の稲刈りも終了!

以前もここで少しご紹介させていただいた、「FUUDO」「KIDS SAVER」両プロジェクト。春の田植えに続いて、同じ田んぼでの稲刈りが無事終了いたしました。
「FUUDO」「KIDS SAVER」とは?

_m5b0023s

稲の刈り方を指導してくれた、南魚沼の農家の今井さん。説明を聞く料理人の皆さんの目が真剣そのものです。

_m5b0071s

編集長・岩佐も、子どもたちに解説しています。真ん中に立っているのは、KIDS SAVERのサポーター、料理家の栗原はるみさん。

_m5b0203s
_m5b0223s

はざがけ作業も全員で!

_m5b0246s
_m5b0287s

作業終了後のごほうびは、魚沼産コシヒカリの新米おにぎり!

_m5b0307s

きのこ汁も振る舞っていただきました。

私たち自遊人も、稲刈りの作業をサポート(日頃からやってますので……)したり、朝からおにぎりを握ったりと、いろいろお手伝いをさせていただきました。

_m5b0380s

そして、作業後には私たちの「自遊田」にもご案内。

「RE: 田んぼプロジェクト」と題して、耕作放棄地の再生に取り組んでいた今年の自遊田。春には、FUUDOの皆さんに補植もしていただいていたので、こうして無事にお米が実り、黄金色の稲穂をお見せすることができてひと安心でした。

はるばる魚沼までお越しいただいたFUUDOの皆さん、KIDS SAVERの皆さん、ありがとうございました!

今日もがんばって、この田んぼの稲刈りをしていました。第一弾が乾燥機に入りましたので、お米ができあがるのももうすぐ、もうすぐ……。合格発表を待っている気分です。ああ、どきどき。

自遊人ファーム農場長
平澤唯
jiyujin.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書店でも販売しております

毎度ご好評頂いている膳の商品。

最近ウェブだけに留まらず、色々な場所で販売
されています。

その1つがスーパーでもコンビニでもなく、

なんと書店。

『自遊人』を発行していることもあり、
全国のいくつかの書店の店頭に
膳の商品を置かせていただいているのです。

岐阜県羽鳥市にある書店BIGONもその1つ。

レジ前に膳の商品がずらっと陳列されております。
(ありがとうございます!)

羽鳥市の地域新聞にその模様が掲載されました。

Bigon

書店で食品が販売されているとは何とも斬新ですが、
これも雑誌『自遊人』を発行しているからこそなせる技です。

ウェブ販売のため、普段人目に触れることの

少ない膳の商品ですが、

こうして人目に触れる場所に置いて頂ける

というのは、とてもありがたいことです。

ちなみにBIGONではゆず蜜が

人気商品なんだそうです。
N014

もちろんウェブ上でも販売しております。

「ゆず農園の自家製ゆず蜜」のご購入はこちら
http://www.jiyujin.co.jp/organic/p/92



お近くの書店にももしかすると、膳の商品が
置かれているかもしれませんよ!
ぜひチェックしてみて下さい。

「膳」配送センター 歌 汐里

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビ新潟「夕方ワイド 新潟一番」で紹介されました!

新潟のローカル番組ではありますが、 「夕方ワイド 新潟一番」という番組で私たち自遊人のことが取り上げられました!

[放映詳細]
テレビ新潟
「夕方ワイド 新潟一番」
毎週月曜~金曜 15:50~18:50
http://www.teny.co.jp/yugata/

全国誌の編集部が新潟にやってきた! というようなテーマで、かれこれ3日間ほど 取材にお越しいただきました。

↓山古志の稲刈りにもお越しいただきました。取材中の模様です!

_m5b0054_3

坂牧さんにもインタビュー。

_m5b0178

先ほどから、県内の友人・知人から メールや電話がちらほらとやってきます。 この反響の早さが、テレビってすごいなぁっていつも思うところです。

テレビ新潟のみなさん、どうもありがとうございました!!

自遊人ファーム農場長
平澤唯
jiyujin.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新米続々入荷!!〜お米の炊き比べの巻〜

みなさま、お待たせ致しました。

只今、新米が続々と自遊人の配送センターに入庫し、

出荷が始まっています!

そして本日は…新米のお米の炊き比べをしました。
Dscf818402
内では時々、このように何種類かの農家さんのお米を同時に炊き、味を比べてみてそれぞれの個性を再確認したり、お米の状態の確認をしています。

本日は新米の炊き比べです。一年農家さんが頑張ってきた成果を頂くのですから
自然と身も引き締まりますね。

自遊人がセレクトしているのですから美味しくないわけはなく、その中でやはりプロの農家さん、それぞれ様々な個性が際だちます。

今年は難しい天候で稲刈りの時期も大分遅くなったりしたのですが、今年も皆様に美味しい新米をお届けできそうです。私も一安心。

今日食べ比べた農家さんはこちらの3種類です↓

もうご注文してすぐにお届けできますので是非!

【新米】棚田で育った甘みあるコシヒカリ
 
減農薬・有機質肥料100% 松川村の鈴虫のいる田んぼ限定米

【新米】3つ星料理人が選んだ米作り名人の魚沼産コシヒカリ
 
鈴木清さんのホタルのいる田んぼ限定米

【新米】南魚沼産コシヒカリの減農薬米です
 
松井和信さんのお米 減々農薬栽培


物流センター長
笠原 しおり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲刈りの後は?

先日からレポートしている通り、ただいま自遊人の稲刈り強化週間です。

私たちがやっているのは「天日干し」なので、稲刈りの日はまず、バインダーという機械で刈り取り→ハザ(支柱)に掛ける、という2段階の作業のみ。だけどこれだけでは、お米はできあがりません。

では次に何をするのかというと、「脱穀」→「乾燥」→「調整」という作業に移ります。
ハザ掛けが完了してから、だいたい2週間前後で天日干しが完了。そうしたら、稲の茎から籾だけを外します。これを私たちの作業の流れでは「脱穀」と呼んでいます。

ハザに掛けて天日干しをしただけでは、乾燥度合いにムラがあります。お米の味と品質を保つためには、乾燥度合いが超重要! ですので、脱穀した籾を1回乾燥機に入れて、水分量が14%くらいになるように、仕上げの「乾燥」をします。

そして乾燥が終わった籾を、今度は「調整」するのです。
調整って何だかピンと来ない用語ですが、

・籾から籾殻を外し(※これを脱穀と呼ぶこともあります)、
・調整機を使って、基準に満たない未熟サイズのお米をより分け、
・袋に30kgずつ計量して入れる

という一連の流れを「調整」と呼んでいます(なんでそう呼ぶのかは謎)。

で、本日のインターン生たちの作業はこの「調整」。あまりあっちこっち動き回るわけではないので重労働には見えないのですが、力仕事で実はけっこう大変。

さて、しっかりお役に立ったのでしょうか?

_mg_7600

↑これが調整機です。

_mg_7603

↑調整が済んだら袋に入れてしっかり封をします。これであとは検査を受ければ、出荷準備完了!

_mg_7606

これは脱穀を終えて出た「籾殻」。肥料に使ったりもしますよ。

以上、本日の新米レポートでした!

自遊人ファーム農場長
平澤唯
jiyujin.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

農作業&食の現場体験インターン@自遊人

夏に引き続き、自遊人・自遊人ファームでは、「農作業&食の現場体験インターンシップ」というコースを設けて学生の皆さんに来ていただいています。

先日もレポートした通り、今、自遊人の農業班は稲刈りまっさかり!! この作業の超重要な戦力が、彼らインターン生なのです。

_mg_7258_2

_mg_7276

_mg_7541

_mg_7590

バインダーで刈り取り→ハザ木立て→ハザ掛け、 という作業を、最初は戸惑いつつやっている彼らですが、 半日も経つと急に作業姿が頼もしくなってて、 飲み込みのよさにびっくりします。

ちなみに、自遊人には「稲刈りシフト」というものが存在します。
自分で作っている田んぼだけではなくて 近所の農家のみなさんの天日干しのお手伝いに行ったりもするので、 いつ・誰が・どこの田んぼで作業するのか? を把握するために、 こんな↓↓

_mg_7596

カレンダーで管理しているのです。
ご覧の通り、10月は予定がびっちり……。

作業は10月いっぱい続きますので、 インターンに来てくださる方をまだまだ募集中です。
こちら↓から詳細をご覧になって、興味のある方はぜひご応募ください。
学生でない方も応相談! まずはご連絡いただければ幸いです。

自遊人 インターンシップ
農作業&食の現場体験:2泊3日コース/1週間コース/2週間コース


まだまだ稲刈り前半戦。これからもがんばります。
晴れの日が続きますようにー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はお茶の試飲会

自遊人は、いつもお米の味見ばかりしているわけではありません。

今日はお茶の試飲会。
産地からいろんなランクの玉露を取り寄せて、同条件でお茶を入れ、味比べをしています。

_m5b0039_3

緑茶ってなじみ深いものだと思っていましたが、まったく未知の味と香りがやっぱりあるんだなぁと、こうやって比べてみて改めて実感します。

_m5b0042

今回は正式な玉露用の急須ではないのですが……。
プレ試飲ということで、ご容赦ください。

昼間の仕事が一段落して、夜ご飯のあと、ちょっと落ち着いてからみんなで試飲したのですが、上質なお茶はやはり味わいが強烈……!
文字通り、目の覚めるような味で、おかげで今日はなかなか眠れなそうです。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »