« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

お待たせしました! 美山荘のよもぎ餅です。

「毎年楽しみにしてるんですよー」  と言ってくださるお客様も多いこの「よもぎ餅」は、

京都の山里、花脊(はなせ)に建つ摘草料理で知られる料理旅館、美山荘(みやまそう)が作る、
よもぎの風味豊かなオリジナルの和菓子です。

手作り品のため、大量生産はできませんが、丹波産の小豆を使った甘すぎないこし餡を、
よもぎを練り込んだおもちで包み、きなこをまぶした、野趣あふれる逸品。

「この風味がたまらない」と、ちょっと強すぎるくらいのよもぎの香り・・・・・

3時のおやつに、食後のデザートに、季節の味覚、いかがですか。

N01311

安全で美味しい食材をご自宅にお届けします。
自遊人の食材販売「膳」 中島佳子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぜんまい干し・・・その後

先日、山菜のぜんまいを干した様子をお伝えしたのですが、

じゃじゃーん。
保存するために、干して乾かしたぜんまいです。

Zenmai2

乾燥させたのでカピカピの状態です。
鮮やかな緑色が、濃い紫色へと変わりました!

我が家では、お盆や年末年始お彼岸などの時に水で戻したぜんまいを、煮物料理や炊き込みご飯に使います。

美味しいですよね!


安全で美味しい食材をご自宅にお届けします。
自遊人の食材販売「膳」 中島佳子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田植えの準備が!

あちらこちらで、田植えのにむけての準備が始まって来たようです!
トラクターが道路を走っている姿を良く見かけるようになってきました。

といっても、まだきっと、苗床に種籾をまいて、稲の苗を育てている時期だと思うのですが・・
本格的に田植えが始まるのは、GW明け位かな?

もちろん、「山古志の美味しいお米を食べよう!会」でも、田植えのイベントを。
ぜひ、みなさまに楽しんで参加して頂けるようなイベントにしたいと、只今準備中!

カレンダーとお天気に相談しながら・・・(笑)

Yamakoshi


原料からこだわったオリジナルの特別仕込み味噌。販売中!
自遊人の食材販売「膳」 中島佳子




| | コメント (0) | トラックバック (0)

山菜 木の芽

今日は、ちょっと出かけた先で、山菜の木の芽(あけびの新芽)を見つけました!

Kinome

かなりわかりにくくてごめんなさい。
円の中の↑の細い蔓のようなものが「木の芽」です。

少し苦みがあるのですが、新芽だけあって柔らかくてとても美味しいですよ!
マヨネーズ醤油や生卵醤油やかつおぶしなど、それぞれ好みの味でたべるのですが、
私のおすすめは、 「生卵+醤油」の組み合わせかな?

ほろ苦い木の芽が卵と絡まると絶品。っと私は思っているのですが(笑)

木の芽の大きさは、だいたいボールペンの替芯位の太さなので、量を採るには結構大変なのです・・・



21年秋に穫れる新米の予約受付中!
自遊人の食材販売「膳」 中島佳子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子守唄はカエルの合唱!?

暖かくなってきたので、最近は部屋の窓を開ける機会が増えました。
聞こえてくるのは・・・・

ゲロゲロゲロゲロ・・・・・
カエルの大合唱です!

不思議とカエルの鳴き声が心地いい。
私が、田舎育ちのせいでしょうか?(笑)


21年秋に穫れる新米の予約受付中!
自遊人の食材販売「膳」 中島佳子


| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節の味、旬の味。

以前より、(食いしん坊の)皆様からご要望をいただいていた、「季節の味、旬の味」ばかりを集めた特設ページ、オープンしました。

▼美味しいものを、いちばん美味しい季節にお届け。
「あ! 今コレ食べたい!」という食いしん坊のみなさまにおすすめの商品をご紹介!
美味しいものを、一番美味しい季節に。
季節の味、旬の味。


http://www.jiyujin.co.jp/shop/genre/51017/list/kisetsu.html

たとえば。

美山荘がお得意さまに作る逸品。花背に自生するよもぎを使った春の和菓子
【5月1日発送開始!】美山荘のよもぎ餅

http://www.jiyujin.co.jp/shop/detail.html?mid=J-013

Master_a_374_img_tate

なんて、名亭のご馳走&デザートや

料亭に直行してしまう
貴重な極太アスパラガス 伊東さんの極太アスパラガス

http://www.jiyujin.co.jp/shop/detail.html?mid=G-056

Master_a_1204_img_tate

など、料亭御用達の逸品や

本当に美味しい山形のサクランボ(佐藤錦)
【6月中旬お届け】山形産さくらんぼ【佐藤錦】(手詰め特上品)

http://www.jiyujin.co.jp/shop/detail.html?mid=I-043

Master_a_1390_img_tate

季節限定のフルーツまで。

美味しいものをたくさん揃えてお待ちしています。

ぜひ、一度、のぞいて見てくださいね!

〜安全で美味しい食材をご自宅にお届けします。
自遊人の食材販売「膳」 吉澤早苗
jiyujin.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つばめが飛んできました。

2・3日前から、ツバメ の飛ぶ姿が!

Tubame

なんだか、うれしくてパチリ。
(しかし・・・うまく撮れなかった・・・・)


安全で美味しい食材をご自宅にお届けします。
自遊人の食材販売「膳」 中島佳子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上越線で出勤。

すっかり春ですね。
(都会は夏のように暑いようですが……。)

ところで、

Jyouetsu_img_2642_2

時々やるんです。
上越線通勤。

ローカル線にごとん、ごとん……と揺られて約30分。
車窓から里山の春を眺めていると、いや〜、いいところに住んでるなーとしみじみ思います。

やっぱり魚沼。いいところです。
大好きです。

〜安全で美味しい食材をご自宅にお届けします。
自遊人の食材販売「膳」 吉澤早苗
jiyujin.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いただきもの②。美味しい野菜。

春になったからでしょうか?
いや、雪がとけたからでしょうか?

急にいただきものが増えた今日この頃です。

今日は、ミシュラン三つ星店の「かんだ」さんがごひいきのお米農家・鈴木清さんからのいただきものです。
(鈴木さんが自家用でつくっている野菜を持ってきてくれたんですっ! やった〜!)

鈴木清さんはこちらの記事でご紹介↓

自慢のお米をご紹介。ミシュラン料理人&京都の名旅館が選んだお米。

Yasai_img_2622_2

いただいたスタッフがうっかり名前を聞き忘れたらしく……。

「な、なんだろう?」
「食べてみればわかるんじゃない?」

モグモグ。モグモグ。モグモグ……。

うーん……。

「何かの野菜だね」

いや、それはわかってるんですけど……。

「菜花(菜の花)と、うーん、何か美味しい葉っぱ……?」

いや、本当に美味しい葉っぱでした。
何かは最後までわかりませんでしたが。ま、いっか。

3つ星料理人が選んだお米、食通に人気の料理旅館が選んだお米もあります!

今年の秋にとれる新米の先行予約、受付中です。


http://www.jiyujin.co.jp/shop/shinmaiyoyaku21.html

〜安全で美味しい食材をご自宅にお届けします。
自遊人の食材販売「膳」 吉澤早苗
jiyujin.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母の日&父の日ギフト。売れ筋ランキング公開中。

気がついたらすでに4月下旬!
皆さん、母の日&父の日のご準備はおすみですかー?

今年も安心・安全の食のショッピングモール「Organic Express」では、フラワーギフトをはじめ、ジュースやお米、味噌、スイーツ、そして、ふっくらおいしいご飯が炊ける土鍋、秋田の伝統工芸士が作る秋田杉の曲げわっぱなどの職人作の調理道具等々、母の日、父の日におすすめの商品を、多数そろえてます〜。

人気の商品をこちらでもちょこっとご紹介↓

【母の日ギフト&プレゼント】 カーネーション鉢植え(5号鉢)
http://www.jiyujin.co.jp/organic/p/1123

04151511_4da7e195d48cd

【母の日ギフト&プレゼント】 フラワーアレンジメント
http://www.jiyujin.co.jp/organic/p/1124

04142033_4da6db82d44a4

 

▼土鍋でワンランク上のお米に早変わり!
誰でもふっくらご飯が簡単に炊けます。
伊賀焼きかまどさん
http://www.jiyujin.co.jp/organic/p/649

A0273

 

▼秋田杉の香りでお酒を美味しく
秋田杉の徳久利&ぐいのみセット
http://www.jiyujin.co.jp/organic/p/575 

Y103

さてさて、この売れ筋ランキング、来週も更新予定です。
また皆さん、遊びに来てくださいね!

安心・安全の食のショッピングモール「Organic Express」
吉澤早苗
http://jiyujin.co.jp/organic/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いただきもの①。有機にんじん。

先日、スタッフがにんじん農家の関根さんの畑で遊びにゆきました。

関根さんの紹介はこちらの記事を。↓

自遊人の食材販売「膳」の全国おいしいもの生産地訪問記
雪の下で冬を越したにんじんを丸ごと搾りました。

関根さんは、「雪の下で甘みを増した越冬にんじんジュース」 の原料になるにんじんを育てていただいている農家さんです。

雪の下からにんじんを掘り出す……というウワサを聞きつけて、スタッフがお邪魔してきました。(その話はまた後日)

で……。
こちら頂き物↓
お土産です♡

Ninjin_img_2619

「お土産もらったよ〜」

とガサッと渡された大きな袋の中を見ると、有機にんじんがゴロゴロ、ゴロゴロ……。

うわ〜っ。すごい量です。

かる〜く洗って早速パクッと……。

Ninjin2_img_2618

う〜んっ。でりしゃす♡♡♡

おいしいっ。

Ninjin3_img_2623

「うちのにんじんジュースが美味しいのは、やっぱり原料がいいからなんだよね〜」などと当たり前のことを、しみじみとスタッフみんなで語り合いました。

ちょっとお腹が空いた時などにもオススメのにんじんジュース。
ぜひ、一度お試しください。

▼自遊人の食材販売「膳」の人気の定番品。
魚沼の雪の下で一冬越すと、人参は甘みと旨みを増すのです 。
新潟 津南高原・雪の下で甘みを増した越冬にんじんジュース

〜安全で美味しい食材をご自宅にお届けします。
自遊人の食材販売「膳」 吉澤早苗
jiyujin.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぜんまい干し

いよいよ山菜のシーズンですね。

昨日、家に帰ると母が、
かご一杯の”ぜんまい”を前に綿帽子やゴミをとっていました。

他にも、木の芽やタラの芽などなど・・・
やっぱり、暖冬だったせいか、山菜もいつもより2週間くらい早いと言っていましたよ。

Zenmai

ぜんまいは湯がいてこのように干されていました。

今は、こんな感じですが、一日何回か揉む作業(水気を切るため)をして、乾燥して行くに従って濃い紫色になっていきます。

この時期、ぜんまいを干したり揉んだり、山菜の後処理をしている姿をよく見かけます。

我が家では、ぜんまいは、炊き込みご飯やお正月のぜんまい煮物などで美味しく頂きます!

原料からこだわったオリジナルの特別仕込み味噌。販売中!
自遊人の食材販売「膳」 中島佳子 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鯉のぼり見つけました!

Koinobori_2

鯉のぼりを見つけました!
もう、そんな季節でしたねー。

安全で美味しい食材をご自宅にお届けします。
自遊人の食材販売「膳」 中島佳子




| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついつい方言が・・・・

会社ではなるべく標準語でお話を!(関東出身の方が多いので・・・(笑))と日々心がけてはいますが、
ふとした時に、ついつい方言が・・・

本日は、ちょっと他のスタッフにお願い事を と思った時、

「わりーがーけど、ちっーとこれやっててくんねー?」

しまった、ついつい出てしまったー。
こてこての魚沼弁!

ぽかーんとしたスタッフを前に、
「ごめんねー。ちょっと、これやっておいてもらえるかな?」と言い直し。

ははっ!

魚沼弁、温かくていい言葉です。(と私は思っています(笑))

今度、ぜひ、魚沼弁ご紹介しますね!

安全で美味しい食材をご自宅にお届けします。
自遊人の食材販売「膳」 中島佳子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊東さんのアスパラガス出荷開始

極太アスパラガスの出荷まで秒読み、という先週の土曜。長野県にある伊東さんの家におじゃましてきました。詳しくは「おいしいもの生産地訪問記」で書いていますが、書ききれなかったことを少しだけ。

実はアスパラの収穫は早朝に行うのですが、伺ったのは朝10時すぎ。

0149

「見たいだろうから、ここだけ収穫しないで残しておいた」
といわれたのが写真のアスパラ。まだ細いものばかりが多い畑のものだったのですが、なんと
「これは育ちすぎたからB級」。

たった数時間で収穫期を逃してしまうほど、アスパラの生長は早いのです(伊東さん、ごめんなさい)。

0178_4

そしてこれが、収穫間近の極太サイズのアスパラガス。この太さ、写真で伝わるでしょうか。

自遊人の食材販売「膳」でわけてもらっているのは、ほとんどが料亭に直行する、というほどの、極太のアスパラガスなのです。このジューシーさ、ぜひ味わってもらいたいです。

ご注文はこちら→伊東さんの極太のアスパラガス

ちなみに、伊東さんの家は桜の名所として名高い高遠城址の近く。ほぼ満開の桜は見事でした。

0115


安全で美味しい食材をご自宅にお届けします。
自遊人の食材販売「膳」 横尾鮎美

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごはんのおかず。煮菜です。

 この時期、冬に食べきれなかった、自家製の「漬け菜」(野沢菜漬け)を使って、母が「煮菜」を作ってくれます。 秋に漬けて、冬食べきれなかった 漬け菜 が 煮菜 に変身ってなわけです。

Niina

我が家の「煮菜」はいたってシンプルですが、これに、油揚げやこんにゃくなどなどお好みで加えても美味しいのです。

そうそう、この、「煮菜」 これは醤油で味付けしてあるのですが、
味噌炒めにして、「菜飯(簡単に言えば、煮菜のチャーハンみたいな感じですかね・・・)」にしたり、「あんぼ」の中身にしても美味しいのです!

安全で美味しい食材をご自宅にお届けします。
自遊人の食材販売「膳」 中島佳子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食卓にこごめ!春ですね・・・。

我が家の本日の食卓。
じゃじゃーん。

Kogome_2

こごめ(こごみ)登場です!

いつもは、4月下旬位から食べれるのですが、
今年は雪解けが早かったので山菜も生長も早いよう。

山菜が食卓に登場すると、さらに春を実感。

桜も、先週の木曜日にもうすぐ咲きそう・・・なんて書いたのに、
次の日には花が開き、週末にはあっと言う間に満開に!

目でも舌でも、春を実感している今日この頃なのでした!


安全で美味しい食材をご自宅にお届けします。
自遊人の食材販売「膳」 中島佳子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の特別企画!お味噌セットをお手頃価格で!

みそ汁、だーい好きの私。
毎朝、お味噌汁だけは欠かさず飲んできます!

お味噌汁の具で一番好きなのは・・・?
結構、これって好みがでますよね!

私は、タマネギとお豆腐のみそ汁が一番かな・・・(笑)

朝、お味噌汁を飲むだけで、随分違いますよね!
(なんだか、元気になったきがしませんか?・・・・私だけ?)

なので、私が(勝手に)一押しの春の企画!
「木桶仕込み味噌の3種セット」 はどうでしょう?

ぜひ、食べて頂きたいなーというスタッフおすすめのお味噌をピックアップ。
いろんなお味噌をお試しいただけるように!と、セットにしてみました。


■真ん中の極上味噌(信州味噌)■

長野県で100年以上の歴史を持つ麹屋が、
和釜に薪をくべて、4時間かけて大豆を煮るところから、
昔のままの製法で作る天然醸造味噌。
圧力鍋を使って煮れば45 分で煮上がるのですが
「和釜を使う方が大豆が均等に煮上がって、
仕込んだ後の舌触りに違いが出るから」

と、今も、ひとつひとつの行程を丁寧に手を抜かずに
味噌造りを行っています。
手の掛かる味噌なので、量も少なく、ほとんどがお得意様用ですが、
特別に分けてもらえることに。

木桶仕込みの味噌には、
その蔵、その桶特有の「蔵ぐせ」「桶ぐせ」が濃厚に現れますが、
自遊人では木桶の中でもいちばん美味しい味噌ができる
真ん中の部分だけを分けてもらっています。
酸味と旨味がバランス良く調和した正統派・信州みその味わいです。

B008

■木桶仕込 白味噌(京都・白味噌)■

弘化4年(1847年)創業の老舗味噌蔵が作る白味噌。

この味噌蔵では
正式な茶会の懐石に使用される白味噌も作っていて、
京都の料理界で知らない人はいないのでは?
と言われるほど評判が高い蔵です。

特に自遊人で販売しているこの白味噌は、
自遊人のお客様用に、特別に木桶で仕込んでもらっているもの。

デリケートな味噌だけに、木桶での醸造は、困難を極めるのですが、
そんな白味噌だって昔は木桶で醸造していました。
ということで、お願いして作ってもらえるようになった
ここでしか買えない、白味噌です。

上品で、まろやかな甘みをお楽しみください。

B009

■中定蔵出味噌(愛知・豆味噌)■

明治創業の老舗みそ蔵「中定商店」が作る、
木桶仕込みのおいしい豆味噌。

なにしろこの味噌、大豆の風味がとても強く、
そのコク深い旨みによって、家庭の味噌汁があっという間に
「料亭の味噌汁」の味わいに変わってしまうほどなんです。

蒸した大豆を玉にしてみそ玉を作るのが、豆味噌最大の特徴。
表面に麹菌をつけて、みそ玉の内部まで十分発育させ、
木桶に入れて3年間寝かせます。
何度か夏を経た味噌には、まろやかな豆の香りが残るのですが、
長時間熟成させて、やっとこの香りが出るのだそう。

「豆みそは苦手」という方もいらっしゃると思いますが、
豆の香りが、ふわっと鼻の奥まで広がり、ふくよかな味わいで、
「この豆味噌なら食べられる」という方も多く、
人気の味噌のひとつです。

B001


限定20セットしか用意できませんでしたが、
お値段もちょっとお得にできました。

ぜひ、これで美味しいお味噌汁を!(笑)



安全で美味しい食材をご自宅にお届けします。
自遊人の食材販売「膳」 中島佳子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の新米予約受付中です。

すっかり春ですね。
こちら魚沼も田んぼの雪が溶けて、いよいよ、今年のお米作りが始まろうとしています。

_mg_0019_1_2

昨日、里山の春の写真を撮影しがてら町中をふらふらとしていたら、あちこちでトラクターが試運転をしていたりして。
「ああ、魚沼にも春が来たなあ」とちょっと感動してしまいました。

と、実はこちらではまだ田植えも始まっていないのですが、自遊人の食材販売「膳」ではすでに今年の秋の新米予約の受付を開始しています。

▼3つ星料理人が選んだお米、 食通に人気の料理旅館が選んだお米もあります!
2009秋にとれる新米の先行予約、受付中です。
http://www.jiyujin.co.jp/shop/shinmaiyoyaku21.html

えへへ。
気が早いでしょうか。

http://www.jiyujin.co.jp/shop/shinmaiyoyaku21.html

こちらのページの右から「秋の新米一覧」というPDFをダウンロードいただけます。

こんな感じのお米(農家さん?)カタログです。

2009shinmaiyoyaku1

インターネットでいちいち商品を探すのが面倒、なんて方はこちらがオススメ。
いろいろと見比べられるので、ワクワク、ドキドキ。楽しいですよ〜!

〜安全で美味しい食材をご自宅にお届けします。
自遊人の食材販売「膳」 吉澤早苗
jiyujin.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手軽にダシがとれる無添加だしパック。

「ちゃんとだしをひきたいけど、なかなか時間がなくて・・・」
「一人暮らしだから、簡単にできるものがいい・・・」
そんな方におすすめの、だしパック。

昨年まで販売していたものが、製造終了となってしまい、愛用していただいていた皆さんからリクエストのメールをいっぱいいただいておりました。
お待たせしてしまってごめんなさい〜! 
やっと、やっと、やっと、新しいもの、探してきました!

かつおだしの「新だし」と、いりこ(煮干し)だしの「一番だし」の2種類です。

Katsuo_a_1487_img_tate

かつお出汁パック 新だし                                 

国産原料100%。化学調味料や防腐剤不使用の「かつお」の出汁パック。
http://www.jiyujin.co.jp/organic/p/1177

Iriko_a_1486_img_tate

いりこ出汁パック 一番だし                                

本格的な出汁が手軽にとれる出汁パック。「いりこだし」。
http://www.jiyujin.co.jp/organic/p/1435

早速試してみたという仕入れスタッフ・森川に感想を聞いてみたところ……。

「だしパックではあるんだけど、素材の旨みがちゃ〜んと感じられて、なかなか美味しかったよ!」

Master_a_1487_img_c

森川は、味噌汁と、だし汁に醤油をたらして飲んでみたそうですが、醤油をたらすと風味が増して、ゴクゴクそのまま飲んでしまったんだとか。

「おすましにしても美味しく、だしパックにしては、優秀♡」

優秀な理由は、いい材料を惜しみなく使い、加工にも手を抜いていないから。

いずれも鹿児島・枕崎産のかつおを使ったかつお節の本枯節、長崎産のウルメイワシ、北海道で獲れる高級昆布の羅臼昆布を使用しています。
(「新だし」は、かつお節を中心に、「一番だし」はウルメイワシを中心に、ブレンド。)

イワシには、ウルメイワシ、カタクチイワシ、マイワシなどがありますが、ウルメイワシは、そのなかでも生臭さが少なく、かつおぶしとの相性も一番よいんだそうです。

「だしに使うと、深い味わいのおいしいだしがとれるんですよ」。

と、製造者の井口さんが教えてくれました。

かつお節は、かつお節の中では最上の本枯節。
羅臼昆布は、北海道・羅臼を中心とした、知床半島沿岸で採れる高級昆布を使っています。

加工にもこだわり、

「ウルメイワシは焙煎して乾燥させ、生臭さをとってから使っています。そのほか、それぞれの原料のブレンドの比率を考えたり、だしが出やすいよう、粉砕の大きさを考えるなどして、よりおいしいだしがとれるよう、工夫しているんです」

そして、とどめ。
なんと隠し味に、2年半ほど熟成させた国産大豆熟成もろみを使い、コクと旨みを出しているんだそうです!

「だしパックなのに、そこまで……」、と思いますよね。
私も思いました。
が! が! が! これこそ、「だしパックでも旨い」を実現する味の秘密なんですね。

使っている材料は、天然の材料のみで、化学調味料や防腐剤は一切不使用。

Master_a_1487_img_b

↑また、ティーバックの袋には、衛生研究所にて安全検査済みの、無漂白の紙を使用していますので、安心してご利用いただけます。

井口さんが、「自信作なんです」というのもうなづける万能だし、ぜひ、試してみてください。

▼手軽にちゃんとだしがとれる、ティーバックタイプのだし

「かつお出汁パック 新だし」
http://www.jiyujin.co.jp/organic/p/1177

「いりこ出汁パック 一番だし」
http://www.jiyujin.co.jp/organic/p/1435

▼まだまだあります。自遊人オススメの無添加だしパック。

鹿児島・枕崎の鰹節たっぷり。特上だしパック「枕崎」
http://www.jiyujin.co.jp/organic/p/1471

海生堂のだしパック
http://www.jiyujin.co.jp/organic/p/1181

お味噌汁のだしパック 
http://www.jiyujin.co.jp/organic/p/1129

おだしのパックじん 
http://www.jiyujin.co.jp/organic/p/1128


〜安全で美味しい食材をご自宅にお届けします。
自遊人の食材販売「膳」 吉澤早苗
jiyujin.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくら咲く日!

Sakura0409

気がつけば、こんなにつぼみが膨らんでいました!
あと数日で桜が楽しめそうです!

安全で美味しい食材をご自宅にお届けします。
自遊人の食材販売「膳」 中島佳子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年も始動です!山古志の美味しいお米を食べよう会。

突然ですが、自遊人では『山古志の美味しいお米を食べよう! 会』なるものを企画しております。

Yamakoshi_2

 

もともとは、「一日でも早く、山古志のおいしいお米を、また食べられるように!」と、
新潟県中越地震後の田植えボランティアからはじまったささやかな復興支援でしたが、気がつけば今年で5年目に突入。

一昨年からは、以前からお世話になっている、旧山古志村の坂牧さんのところでも田んぼを完全に再開する事ができました。

自遊人では昨年から、「山古志の田んぼ復活応援隊!」から、気軽に農作業を体験したり、田舎で遊んだり田舎に親しみながら美味しいお米を収穫し食べよう!と 『山古志の美味しいお米を食べよう! 会』と企画をリニューアル。

昨年は、初夏の田植え、盛夏の草取り、秋の稲刈り、と3回の体験会を実施。作業体験後にはバーベキューをしたり、キャンプをしたり、多くのオーナーの方にご参加いただき、大変楽しい会になりました。

4月といえば、そろそろ、「苗おこし」の時期です。
種籾を水につけて発芽させ、田んぼに植えられる大きさになるまで育てるこの工程。米作りの最初の一歩。
いよいよ、今年の米作りが始まります!

A1674_2

ぜひ、一緒に旧山古志村の美味しいお米を!
只今、オーナー募集中です!

安全で美味しいをご家庭に!
自遊人の食材販売「膳」 中島佳子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松坂牛ハンバーグ試食♡

自遊人の食材販売「膳」では、スタッフが定期的に、販売している商品を試食し、お届けしている商品の品質を管理・チェックしています。
自社倉庫で在庫を確保している商品(お米など)だけでなく、産地直送でご紹介している商品も普段からこまめに状況・状態を確認をしているんですよ〜。

というわけで、今日は、日経プラス1でも紹介された「松坂牛100%ハンバーグ」を試食してみました。

【魚沼日記】 松坂牛ハンバーグが日経新聞に掲載されました!
http://gochisou-club.cocolog-nifty.com/uonuma/2008/11/post-d66b.html

和牛の王者・松阪牛のいいところだけを100%使って贅沢な大人のハンバーグに仕上げました。
中心にコマ肉が隠れているので肉の食感と松阪牛の旨さを余すところなく楽しめまるんですよ。贅沢ですよね。
実は自遊人の食材販売「膳」のオリジナル商品の中でも、ロングセラーを誇っている逸品なんです。
(私も大好き♡)

Matsu_6m5b5940

※あまりに美味しそうなので今日は写真を大きめにアップ。(大きすぎ?)

じゅ〜、じゅ〜。じゅ〜〜〜〜っ。

ああ、したたる肉汁、甘くて良質な脂の香り……。

「ああ、美味しそう。よ、ヨダレが……。」
「今日も変わらず美しいわね」
「佇まいが上品なのよね。不思議。」
「やっぱり和牛の王様、松阪牛だから。格が違うのよ、きっと」
「そうそう、脂の質なんかもやっぱりいいんだよね。ほかではちょっと売ってない味だよね」

などと、焼き上がるまでの間、うっとりと見つめながらその姿を鑑賞し、品質をチェック。

え? お味?
いやいや、いつもと変わらず今回も非常に美味しゅうございました〜!
冷凍商品ですから、その冷凍具合などもチェックしますが、目立った問題もなく、ちゃんと美味しい状態で皆さんの元へお届け出来ているようで一安心。

実は今回、ホットプレートの上で醤油を多めにたらし、醤油味を強めにしたらどうかな? な〜んていう実験も行いました。
これがなかなか良かったのですが、商品化するまではまだまだ研究が必要。
今後 、継続的に考えてみたいと思います。

▼最高峰の和牛の旨みが楽しめる
ハンバーグを作りました 松阪牛100%手づくりハンバーグ
http://www.jiyujin.co.jp/shop/detail.html?mid=L-059


安全で美味しい食材をご自宅にお届けします。
自遊人の食材販売「膳」 吉澤早苗
jiyujin.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊東さんの極太アスパラが美味しい理由。

先日より予約を開始した、「伊東陽一郎さんの極太アスパラ」

予約開始直後から多数ご注文をいただいています。
なかには一昨年、昨年とリピートされている方も。
いつもごひいきにしていただき、ありがとうございます!

Master_a_1204_img_b_3

さて、先日、自遊人の食材販売「膳」の魚沼日記でも、ご紹介させていただきましたこのアスパラ
「太くてとっても美味しい」と評判ですが、これにはもちろんちゃ〜んとワケがあるんです。

なぜ、他と違う、こんな太くて甘いアスパラガスができるのかというと……。

まず、「土」! アスパラ作りは、とにかく土が大切。
「土のバランスが悪いとすぐに根がやられてしまって、育たないんだよ」。
伊東さんは土壌分析を利用し土作りを行っています。

Master_a_585_img_b

↑こちらは伊東さんの田んぼ。こちらも土作りにこだわってます。

次に、「肥料」が違います。
良い土を作るには、アスパラガスの場合、肥料がたくさん必要。

伊東さんが使っている肥料は、鶏糞、籾殻、発酵大豆、小糠などを混ぜたもの。
内容も工夫しながら配合しているそうです。

そして、1反になんと、20〜30トンも使うそう。
これは米の肥料の10倍以上もあり、本当にものすごい量なんです。
4〜5回返し(混ぜる)ながら、1年かけて発酵させ、使っているそうです。

もうひとつ忘れてならないのは、
伊東さんの労力。

Master_a_1204_img_c_2

簡単に肥料をまくといっても、良い肥料を作り、この量を良い時期にきちんとまくのは
かなりの重労働で、時間もかかります。

そんな労力もいとわず、おいしいものを作り続ける、伊東さん。

こういう農家さんの苦労と工夫によって、おいしいものが生まれているんですね。

アスパラガスの販売は、4月10日〜5月10日まで。
数量に限りがあり、終了の5月10日になる前に、売り切れとなる可能性もありますので、早めのご予約が確実です!

▼通常は料亭に直行してしまう、極太のアスパラガスを特別販売
「伊東さんの極太アスパラガス」
http://www.jiyujin.co.jp/shop/detail.html?mid=G-056

▼金賞受賞農家のアイガモ農法で作った無農薬米!
【無農薬米】伊東陽一郎さんのアイガモ米(白米)5kg
http://www.jiyujin.co.jp/shop/detail.html?mid=A-218

安全で美味しい食材をご自宅へお届けします。
自遊人の食材販売「膳」 吉澤早苗

jiyujin.co.jp 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »