« お米の「食味」とは? | トップページ | 東京最後の秘境青ヶ島へ、ひんぎゃの塩の製造現場を訪ねて »

日本人なら知らないと! お米の基礎知識・お米Q&A 【連載・第一回】

こんにちは。自遊人副編集長・吉澤です。

今日からしばらくの間、「日本人なら知らないと! お米の基礎知識・お米Q&A」。そんな連載企画を始めたいと思います。

08fuyu07_007_f_hr_5  

さてさて……。

「お米の味の違いは、産地の違い」。
そんな風に思っていませんか?
気候条件や土質・水質などの自然環境もそうですが、生産者ごとの栽培方法、さらに炊き方や保存方法に至るまで、お米の美味しさにはさまざまな条件が働いています。

そこで……。

「日本人なら知らないと! お米の基礎知識・お米Q&A」

少しずつですが、連載でお届けします。
今こそ知っておきたいお米に関する「?」「謎」を解明しますよ〜!

じっくりお楽しみ下さい。

ではでは、早速本題。
連載第一回目は、自遊人の食品セレクトショップ「膳」のカスタマーセンターにとってもよくいただくご質問。

Q、「お米の美味しい炊き方を教えてください。何を注意すれば良いのでしょうか?」

A、「研ぎ、水、に特にご注意下さい!!!」

最近は浸漬(米を水につけて水分をしみ込ませる)も自動的にやってくれる炊飯器が大半。ほとんど炊飯器にお任せで美味しく炊けますが、それでもいくつかコツがあります。

まず、お米を洗う時。

4080_06z34h_285

昔のように米を強く研ぐ必要はありません。
精米方法が進歩した現在では米にはさほどぬかはついていませんので、広げた指でかき回すだけで十分。
水を注ぐと米は急速に水分を吸収するので、ぬかの匂いがつかないよう、手早く、とくに最初の水はすぐに流します。
ささっとかき混ぜて水を数回替え、おおむね濁りがとれればOKです。

炊きあがったら、濡らしたしゃもじで釜の内側をぐるりと一周させ、大きく上下を返して切るように米をほぐしてください。

なお、最近ではミネラルウォーターで炊く場合も多いようですが、その場合は必ず軟水(硬度100以下)を使います。
また、洗米でもできれば第1回目はミネラルウォーターを、他も浄水器の水を使うことをおすすめします。

ちなみに、「膳」の米研ぎ名人は、田んぼ部の部長でもある平澤ですが、同じお米を同じ条件で研ぎ、炊いたとしても、私が炊いた米と平澤の炊いた米では大きく味に差が出ます。

正直、私だって、そんなに下手なわけではないと思うのですが……。
な、なぜ!? とちょっと最近悩んでます。笑。

平澤曰く「お米に対する気合いと愛の差ですね」。
ニヤリと得意げな様がちょっと憎らしいのですが、事実は事実。
確かに彼女の炊いたお米の方が美味しいのです。
(悔しいなあ。ぎゃふん。)

_m5b0085

自遊人・田んぼ部、部長・平澤唯のブログはこちら。
米作り奮闘記を日々、更新中です。

自由人じゃなくて自遊人! 編集部ブログ

「膳」のカスタマーセンターにはお客様より

「せっかくいいお米を購入したので、もっともっと美味しい炊き方を知りたいんです」

そんな声が多数よせられます。

皆様の疑問、少しでも解決できたでしょうか?

次回は、これまたよくいただくご質問。
「残ったお米の美味しい保存方法は?」にお応えします。

20091028shinmairank

自由人じゃなくて、自遊人!
お米づくりだけじゃなく、お米の販売も頑張ってます。
自遊人副編集長 吉澤早苗
jiyujin.co.jp

|

« お米の「食味」とは? | トップページ | 東京最後の秘境青ヶ島へ、ひんぎゃの塩の製造現場を訪ねて »

食品の基礎知識&食品の疑問・謎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本人なら知らないと! お米の基礎知識・お米Q&A 【連載・第一回】:

« お米の「食味」とは? | トップページ | 東京最後の秘境青ヶ島へ、ひんぎゃの塩の製造現場を訪ねて »